元気いっぱい踊れるダンススクール

小さいうちからダンス教室に通わせよう

今日、ダンスユニットの人気の高まりもあって、キッズダンス、ジュニアダンスを習う子が増えています。

小中学校の保健体育でダンスが必修となったことも増えた背景の1つでしょう。フォークダンス、創作ダンス、現代的なダンスなどを授業で行います。現代的なダンスとはヒップホップダンスのことです。他にロックダンス、ジャズダンス、ブレイクダンスなどもありますが、これらは授業で行わないかもしれません。

早い所では1歳から通うことができるダンス教室があります。幼い頃から音楽のリズムに合わせて体を動かしていればリズム感が養われます。1歳のまだ言葉が話せなかったり、先生の言っていることが分からなかったりする子は保護者の方と一緒で構いません。その場合はリトミックに近くなるでしょう。一般的な子供向けダンス教室は3歳からです。ダンス教室は多種多様で習えるダンスや指導するインストラクターはそれぞれです。いくつかピックアップして体験入学また見学会に参加してください。

その中からお子さんにふさわしい所を選びましょう。レッスン料や交通費、発表会にかかるコストも踏まえた方が良いかもしれません。ダンス教室ではなくスポーツクラブでダンスを習うこともできます。そのホームページなどを見てみてください。ダンスを他の子達と学べばその中で社会性や協調性が身につきますし、切磋琢磨もできます。スポーツクラブのレッスンであれば体力もつくかもかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *