元気いっぱい踊れるダンススクール

目的を叶える音楽専門学校

音楽専門学校では楽器のレベルUP習得を目指し、演奏家としての道、指導者を育てる学校もあれば、音楽業界で必要な音響・演出を学べるところがあります。

けれども音楽専門学校や音大を出たところで必ずしも音楽関係の仕事に付いているとは限りません。特に楽器習得を目指す者が集まれば切磋琢磨できる環境にはありますが、自分の才能の限界を感じ、自信をなくしていくこともあるからです。そのまま音楽を更に突き進めて音大・大学院・留学と勉強し続ける方もいれば、ミュージカル・合唱団・オーケストラ楽団、個人での演奏活動、音楽教室との契約、個人教室の開業など音楽に関る就職につく人もいますが、現実には音大卒から銀行、ハウスメーカー、携帯電話会社など全く異業種への就職が大半です。

また演奏にこだわるだけでなく、ダンス・イベント行事の演出、音響など劇団、TV業界などでも音楽に携わる方もいます。演奏・ソルフェージュ・作曲・音楽理論だけはでなく、音楽専門学校のカリキュラムは幅広い就職先を考えた時に有利だといえるでしょう。幼児音楽教育を目指すならヤマハ音楽院がそのまま就職には有利です。

演奏技術を磨き、幼児の心理、保護者への対応など社会性をも育み、指導のための実践体験を積めるカリキュラムで就職した後もフォローがあります。音楽専門学校と業界の繋がりを調べておくことが卒業してからの目標指針がブレずに目的を叶えられるでしょう。音楽を学んできたことにより感性、人前でのアピール力をかってくれる業種も多いので音楽に限らず活躍の場はたくさんあり、決して無駄ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *