元気いっぱい踊れるダンススクール

ONKYOのデジタルアンプの特徴

ONKYOは、デジタルアンプ技術に定評のある音響機器メーカーです。

ONKYO独自の技術「VL Digital」を搭載しています。この技術はデジタル音源で生じることの多い、存在していないはずの波形を再生することを抑止します。通常デジタル音源は低音域から高温域まで10~100kHzまでの帯域を再生していますが、いずれも人の耳に届く可聴域帯です。100kHz以上の高温域になると人の耳では捉えられないので、その音質が歪んでいようとそうでなかろうと関係ないと長らく考えられていましたが、デジタル音源からスピーカーを通してアナログの音質に変換する際にノイズとして影響を耐えることが知られるようになったのです。

ONKYOでは、PWM(パルス延長方式)がもつノイズが正負対称な波形を示す特性に対し、積分型変調回路(ベクトル発生器積分器。反転トリガー)によりノイズを原因とする劣化を抑止し、正確なパルス変調幅を実現し可聴域帯の音質の高品位化を達成し、この問題を解決しました。VL Digitalに加えて、電源からスピーカーターミナルまでの最短化・電源部と電解コンデンサーの間に1mmの同バスプレートを設置した超低インピーダンスにも動じないスピーカードライブを実現しました。

また独立したツイン斧ラル構造、メインアンプへの電力供給を再優先したツイントラスト構成、1.6mmフラットシャーシは内部から生じる振動の複雑化を抑止、ディスクリート構成のフォのイコライザー回路を搭載しています。インターフェイス部には、金メッキ削りだし入出力端子を採用しケーブル同士の干渉を防ぎ、自分だけのチューニングが可能なインレット式電源コードを採用し、音にこだわる方に魅力あるデジタルアンプです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *