元気いっぱい踊れるダンススクール

就活という言葉の使われ方

就活とは就職活動を略した言葉で自分の勤務する企業を探すことを意味します。

その意味は多岐にわたりますが、特に大学を卒業する学生が就職先を探す場合に用いられメディアなどでもその意味で広く使われるのが普通です。広く膾炙している言葉でもあり新聞やテレビでも問題なく用いられるだけでなく、特定の目的のために活動するという点から派生語として婚活といった言葉も使われつつあります。就活にはさまざまな形態があります。それまでに就業経験のない学生は新卒採用として区分され翌年度から働き始めるのが一般的です。

その時期は学生によって異なりますが、主に大学4年生になってから活動するのが通例です。一方就業経験のある人は中途採用として扱われ主に年度の任意の時期に採用となります。俗に中途採用を希望する人の場合は転職活動と呼ばれたりするため就活と表現されることは新卒採用の場合ほど多くありません。学生の就活の内容は資格取得や企業への応募をはじめ面接から内定を獲得するまでの過程を指します。

よって大学でのガイダンスからセミナーへの参加といったスキルアップは就活の準備として捉えられます。そして履歴書やエントリーシートといった必要書類の作成、会社説明会への参加、採用試験などもその活動の一環として捉えられます。学生の中には比較的早い段階で資格取得やインターシップといった動きをみせる人もいるので、そうした行動も内定獲得に向けた活動として見ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *